ブログ of ぷよまる

人生をサボり続けてきた冴えないおっさんが、40歳を超えて色々なものに挑戦。その体験記と雑記(こっちがメインかも)

禁煙1週間から3週間 ~ニコチンからの解放~ 

f:id:dai5-law:20190618225317j:plain

 

石の上にも3年。

桃栗も3年。柿にいたっては8年!

 

これに比べたら、禁煙1週間なんて駆け出しのひよっこ!

はなたれ小僧にすぎんわ!

 

はい。

 

そんなわけで、期間としては短い1週間ですが、私は禁煙の1週間は柿の8年に匹敵すると思います。

 

ええ、自分で言いながら例えの意味がよくわかりませんが、とにかくまぁとても価値のある1週間だということが言いたかったのです。

 

あ、余談ですが、今日から1人称を俺⇒私に変えました。

 

なんか大人の男っぽくて素敵でしょ!ね!

 

えーっと・・・なんだっけ・・・

 

そうそう、禁煙1週間から3週間めの話ね。

 

前回のお話の通り、電子タバコのチカラを借りてここまできたんだけど、自分でもあからさまにニコチンが抜けた!という実感があったのがこの1週間から3週間目くらいの時期でした。

 

電子タバコを手にしてすぐの数日間は、とにかく電池が切れないように念入りに充電して、外出のときは間違いなく持って出るようにしていたんだけど、しばらくしたら充電するのを忘れたり、持たずに外出するようになったんだよね。

 

で、充電や携帯するのを忘れたときに「ま、いっか!」という気持ちになっていたんだ。

 

きっと、ニコチンの支配から解放されつつあったんだね。

 

口さみしさと手持ち無沙汰な感じはあったけれども、タバコを吸いたいという気持ちもほとんど湧かなくなって、毎日少しづつ体が変わっていくのが分かったんだ。

 

どんな風に変わっていったかは、この禁煙シリーズの最後にまとめて書こうと思っているんだけど、とにかくタバコの野郎に体を痛めつけられていたんだよ。

 

ま、自分の意志で吸っていたから自業自得なんだけどさ。

 

ニコチンってやつは、中毒になるのがもの凄く早いが、その中毒性が抜けるのも比較的早いというのを聞いたことがある。

 

個人差はあるだろうけど、1週間から10日もすればニコチンは体から抜けていって、ニコチン中毒による喫煙欲は消えていくとはずだよ。

 

ただ、タバコを吸う習慣だけは体が中々忘れてくれないから、こっちをかき消すほうが難しいかもしれないね。

 

そこはホレ、電子タバコに頼ればいいのよ!

 

電子タバコ。

うん。電子タバコよ。

 

と、電子タバコ普及委員会の回し者のように連呼しておりますが、私はそのような団体から利益を享受したりいかがわしい接待などは断じて受けておりません!

 

潔白であります!

 

黒いのは喫煙していた当時の私の肺だけさ・・・

 

あ、いや、全然上手くねぇな。

 

 

次話↓

禁煙3週間から1ヶ月 ~禁煙成功は3週間で実感できた~ - ブログ of ぷよまる