ブログ of ぷよまる

人生をサボり続けてきた冴えないおっさんが、40歳を超えて色々なものに挑戦。その体験記と雑記(こっちがメインかも)

ボツ日記:第三話 ~本当に役に立たないただの日記~

f:id:dai5-law:20190707180728p:plain
 

男は常に戦っている。

 

男は外に出たら7人の敵がいるのだと、俺は小さい頃から教え込まれて育った。

 

男に生まれた以上、休息の時など無いのかもしれない。

 

そう、今こうして日記を書いている時でさえ、いつ戦うことになるかわからんのだ・・・

 

 

敵「おのれ越後のちりめん問屋が~! 者共!かかれ~ぃ!」

 

イボさん!

キレさん!

 

懲らしめてやりなさい!!!

 

ハッ!

 

カキーン! キーン! ドスッ! うわ~!

 

・・・もういいでしょう。 え~い、静まれ!静まれ~い!!!

この紋所が・・・目に・・・ いや、オチ書く前にバレてるな。

 

俺が今戦っている相手はイボ痔だ。 イボ痔!

 

今日は戦い2日目の模様を書いていこうと思う。

こんなの読みたい? ま、読みたくなくても書くんだけどさ。

 

昨晩、オケツに違和感を感じた俺。

しかし、今までの傾向からして、俺のイボさんは3年~5年周期でオケツにやってきている。

 

前回の出現から数えるに、まだ早い・・・早すぎる・・・

そう自分に言い聞かせ、昨晩は不安のまま寝たのでした。

 

今朝起きてみたら、何のことはない。

オケツは全くもって健康なのですよ。

 

な~んだ、やっぱり大丈夫じゃん!

そう思って出勤しました。

 

業務開始1時間後、ちょっと違和感を感じ始めました。

これはいけません。

 

気のせいに違いないと、足を組んだり椅子の高さを調整したりしましたが、やっぱりオケツに違和感満載。

 

やはり俺のオケツにヤツが出現しつつあるようなのです。

 

恐怖感に苛まれながらも、PC画面を見るフリをして自慢の腕時計を眺めてニヤニヤしたり、頭を抱えるフリをしてうたた寝したりして午前中の業務を乗り切りました。

 

待望の昼休みに突入!

 

パっと昼食をすませ、いつものように椅子の背もたれを思いっきり倒して、腕組んで下向いて・・・どう考えてもサラリーマンとは思えない態度で昼寝を開始しました。

 

これがまた・・・この姿勢がまた、オケツに多大なる悪しき影響を与えるのです!

10分くらいしたら、オケツがジンジンしてきました。

 

20分くらいしたら、もう激痛です。

それでも寝ましたよ。

ホントに眠かったんでね。

 

キーンコーンカーンコーンと、昼休みを知らせる合図が鳴り、フガッ!?と目を覚ましたところ、もう完全にイボ痔さんがコンニチワしていたわけです。

 

これヤベェ!マジヤッベぇんだけど!!! と、10年くらい前の渋谷語でオロオロしてみましたが、ここは会社のど真ん中。

 

アレコレ脱いで確かめるわけにはいきません。

じっと耐えました。

 

じっと耐えて迎えた14時 、外出のお時間です。

 

目的地に向かうべく、 乗り換えに次ぐ 乗り換え 。

 

2番線から3番線へ 、私鉄からJRへと華麗に乗り換えていく姿の陰にイボ痔が潜んでいるとは、街行くみなさんも気づいていないでしょう。

 

しかしもう限界です。

 

目的地に着いた頃には、私はこれから始まるイボ痔との戦いを覚悟しておりました。

 

負けたくないヤツがいる。

負けられないヤツがいる。

ライバルがいるから前に進める。

 

このイボ痔め!!! 俺は絶対に負けねぇからな!!!

 

戦いを覚悟した俺は、目的地に行く前に薬局へ。

ボラギノールの塗り薬と座薬をフラフラしながら購入することにしたのです。

 

堂々と痔の治療薬2品をレジへ。

  

男らしくボラギノールだけをレジへ!!!

 

この男気に、店員さんは「兄さんやるねぇ!男だねぇ!!!まけとくよ!」とは言わずに、普通に「2058円ちょうだいします」みたいなことを言っていました。

 

この国の人情はどこへ行ってしまったんだい!

 

そんな憤慨を胸に仕事を終え、そそくさと帰宅。

 

塗りたい・・・早く塗りたい・・・ そんな一心でシャワーを浴びて、ひとまずサントリーの天然水を飲んで気を落ち着かせ、いざ塗るぞ! と意気込んでみましたところ、何か・・・こう・・・もうあんまり痛くないんですよ。

 

さっきまで、あんなに痛かったのに。

 

 ・・・・ 少し落ち着いて、まずはボラギノールの説明書をじっくりと読んでみました。

痛みは引きつつあるけれど、念のために治療しておかないとね!

 

う~ん 塗りが先か、座薬が先か。

 

鶏が先か卵が先かという進化論並に悩んだ挙げ句、まずは抵抗のある座薬から・・・

 

・・・いや、もう良いよね?

 

実況中継っぽく書こうと思いましたが、この辺で終了しましょ!

とにかく挿して塗って痛みもひいて、私のオケツはまた健康体を取り戻しつつあるのです。

 

それでいい。

 

それでいいじゃないか!